健康法として 社交ダンス(個人レッスン)を20年継続中 デモンストレーション100回達成!

85年11月、日本テレビ在職中に取材した外国特派員協会のパーティー。皇太子時代の今上陛下と美智子さまがエーデルワイスの曲に合わせて優雅にワルツを踊られた。両陛下の優雅な踊りを観た私も「私もいつか社交ダンスを習いたい」と思ったことがきっかけ。

昔、早稲田大学競技ダンス部の顧問を務めた伊藤教授〈故人〉がデモンストレーション100回を目指していたと伺ったことがある。私もデモンストレーション100回を目指し、個人レッスンを続けている。一般にダンスといえば、「チークダンス」、「ダンスホール」、「不純異性交遊」と社会的な印象はよくない。しかし、始めてみればダンスも健康に良いし、発表会に向けたレッスンは日常生活とは別の集中力を使うため、ボケ防止には良い。

それと、宝塚さながらの変身願望も満足させてくれる。

2014年3月13日朝日新聞 夕刊
2014年3月13日朝日新聞 夕刊

 

 

朝日新聞、夕刊「華麗な人」

 

 

お堅い新聞、朝日の夕刊に、社交ダンスのデモンストレーションの写真が掲載。

とうとう「立派なお葬式用の写真」が出来ました。

これをホームページに載せないわけがありません。

 

担当の平出記者、麻生カメラマンに感謝申し上げます。

 

庄司先生には、お葬式用の写真におつきあいしていただき、誠に申し訳ありません。

しかし、先生のお名前も、教室の宣伝にもなったということでご容赦ください。

 

老人が写真を撮ってもらうとき、

少しでも美しくとっていただきたいと女性なら誰でも思うはず。

その時は「お葬式用の写真にするのでよろしくお願いします」というとばっちりです。

 

基本的にカメラマンは正直です。

被写体が美しいと張り切り、老人だとがっかりしている様子が手に取るようにわかります。

 

そんな時は、先ほど述べたように

「お葬式用の写真にしますので」というと効果は抜群です。

 

私の学生秘書の片山は「80歳が60歳に見えます」

と正直に言ってくれました。嬉しいこと。

 

最近私の知人で3人も、あの大雪の前後でけがをしたようです。

その方たちからも、「勇気づけられた」と早朝に電話がありました。

 

少々渋いですが、新聞をそのまま写真に撮りましたので、悪しからず。

 

 

 

 

2015年の連休明けごろから足腰の痛みが増し、専門医の診察を受けたところ、

腰椎脊柱管狭窄症と診断されました。

医師は手術をすすめますが、80を出た人間が術後のリハビリを考えると、

決断がつきません。

 

最近この病気を患う方で整体に通う方も多いと聞きますが、

整体は医者ではないので不安があり、

整形外科のドクターで整体的な治療研究をしている方を

ようやく自分で見つけました。

 

埼玉医大整形外科医長から地元で開業して10年、痛みを緩める体操、

AKA法という関節を動かす治療法を研究している

北浦和の清水整形外科クリニック院長、清水伸一先生です。

 

少し遠いですが、3週に1度北浦和(市ヶ谷から秋葉原経由で京浜東北線、45分ほど)

まで通っています。

 

越冬しましたが現状維持。もう少し暖かくなれば

少しは改善されるのではないかと、

自分で見つけたドクターですからもう少し通ってみようと思います。

 

長年続けてきた社交ダンスは、リハビリとしてこれまでのように通っていますが、

スタンダードでのライズやロアーは難しいので、もっぱらタンゴ。

 

不思議なことに、教室で7センチのヒールをはくと

痛みがほとんど出ません。

腰のカーブがダンスシューズに合うようになってしまったのでしょうか。

 

年齢相応の黒のドレスの写真は、2015年のクリスマスに教室のパーティーで

タンゴを踊った時のものです。

 

痛みに耐えてのレッスンが続けば、

夏は篠田忠教室と合同で、タンゴとルンバをメドレーで踊るつもりです。

 

アマチュアはしょせん「見た目」です。

庄司先生は私にとってまことにありがたい「ぶら下がり健康器」と思い感謝しています。

 

過労死しないよう、そろりそろりと毎日を送っています。

冷静に考えると間もなく82歳。

疲れて苦しいのは無理もありませんね。

 

腰痛治療、鍼、マッサージ、ダンス…

感謝の毎日です。